じゅころぐAR

AR/VRメインのブログ。時々ドローン。

UnityでビルドしたARKitアプリが実機でアプリ落ちするとき

わざわざ記事にするまでもないのですが、ここで躓くの2回目なので。

カメラ許可ダイアログのメッセージを入れ忘れている

ARでカメラが映る前に落ちている場合、まず疑うべきはここ。

"Build Settings" > "Player Settings" > "Settings for iOS" > "Other Settings" > "Configuration" > "Camera Usage Description"

f:id:jyuko49:20180502090536p:plain

何らかのメッセージを入力すれば、アプリ起動時にカメラ許可のポップアップが表示され、許可するとアプリが動く。