じゅころぐAR/VR

AR/VRメインのブログ。時々ドローン。

Parrot Mambo FPVを試してみた

Parrot Mambo FPVが発売されました。Mamboは1台持っていましたが、安価で手軽にFPVを試せるセットということで購入してみました。

www.parrot.com

FPVとは

FPVはFirst Person View(一人称視点)の略で、飛行するドローンのカメラ映像をゴーグルで見ながら操縦したり、空撮して楽しむ機能です。
自在に飛ばせるようになったら、絶対面白いやつ。

※動画はParrot Mamboで撮影されたものではありません

Parrot Mambo FPV

ミニドローンのParrot Mambo本体にFPVカメラ、ゴーグル、コントローラがセットになった商品です。FPVを楽しむために必要な物が一通り揃って21,800円(税抜)になります。
本格的な用途ではなく、ちょっとFPVで遊んでみたい程度の感覚で始めるには手頃な価格帯です。

Mamboは他にも面白い使い方ができるのですが、語ると長くなるので別の機会に。

f:id:jyuko49:20171105125734j:plain

購入について

11/5時点で公式サイトで注文すると11月中旬以降の出荷になります。オススメは家電量販店での購入で、ポイントも付きますし、店頭に在庫があれば即日購入が可能です。
Amazonに出品されている並行輸入品は定価より少し高いため、ネットで購入する場合も家電量販店の方がよいと思います。

https://www.biccamera.com/bc/item/3866771/ http://www.yodobashi.com/product/100000001003723106/

f:id:jyuko49:20171105125747j:plain

セット内容

パッケージを開封したところ。コンパクトに収納されています。 f:id:jyuko49:20171105125800j:plain

Mambo本体とカメラです。背中のジョイントはレゴブロックになっていて、様々なパーツを取り付けられます。 f:id:jyuko49:20171105125820j:plain

Flypad(コントローラ)。玩具っぽい感じですが、本格ドローンではないので十分かと。 f:id:jyuko49:20171105125842j:plain

最後にゴーグル。ゴムバンドは3点で固定する方式です。
f:id:jyuko49:20171105125903j:plain

前面が開いて、スマートフォンを挟み込む形で使います。
画面サイズ:5.7インチのZenfone ARがちょうどいい大きさで、4インチのIPhone SEだと隙間から外光が入ってしまってイマイチです。6.4インチのLenovo Phab2 Proはデカすぎて挟めませんでした。

f:id:jyuko49:20171105125924j:plain

レンズは瞳孔間距離が調整できるようになっています。 f:id:jyuko49:20171105125944j:plain

フライトの準備

MamboでFPVを楽しむには、スマートフォンとアプリが必要です。AndroidiOSそれぞれのストアに"FreeFlight Mini"という無料アプリがあるのでインストールします。

FreeFlight Mini

FreeFlight Mini

  • Parrot SA
  • エンターテインメント
  • 無料
play.google.com

アプリを起動した後、コントローラ(Flypad)とBluetoothでペアリング、ドローン本体(Mambo)とはWiFiで接続します。
ドローンの電源を入れるとドローンとコントローラが直接ペアリングしてしまい、ドローンとスマートフォンWiFi接続が行えないことがあるので、ドローンの電源を切った状態で先にコントローラとスマートフォンをペアリングして、その後ドローンを起動してWiFi接続する順序だとスムーズにできました。

FPVモードで操縦する

接続ができたら、以下の手順でフライトの準備完了です。
1. STARTボタンをタップ
2. FPVボタン(ゴーグル型のアイコン)をタップ
3. スマートフォンをゴーグルにセット
4. ゴーグルを装着
5. コントローラで操縦

とりあえず、室内で飛ばしてみました。

途中で画像が乱れたりしているもののゴーグルで見ると、ちゃんとドローン視点で見えます。

感想

狭い室内でのテストなのでゆっくりでしか飛ばせてませんが、まあ、怖いですね!(・∀・)
視野角はそこそこありますが、操縦となると話は別。わずかでも視野が狭いとストレスに感じる。ドローンの周囲が見えている目視飛行と違って、FPVだと正面しか見えないので距離感が掴めなくてすぐ事故りそう。

あと、ドローンを操縦している自分をドローンのカメラ越しに見るというのは奇妙な感じがします。

今までNode.jsで遊んでいてあまり真面目に飛ばしてなかったMamboですが、FPVの環境が整ったので操縦の練習あるのみですかね。