じゅころぐAR

AR/VRメインのブログ。時々ドローン。

AndroidアプリをGoogle Playで公開する

ARKit対応のiOS版に引き続き、ARCore対応のAndroid版アプリもリリースしました。 ARCore対応機種のみですが、Google Playからインストールできます。 play.google.com 今回はじめて製品リリースまで行なったので、備忘録を兼ねて手順をまとめておきます。 は…

Vue.jsでWebサイトをサクッと作る

アプリをストア申請するにあたり、Webサイトがあった方がよさそうだったのでVue.jsで作りました。制作期間は2-3日くらい。 jyuko's playground Vue.js JSフレームワークを選定するにあたり、軽くて扱いやすいライブラリを用いたかったので、Vue.jsにしました…

ARCoreのカメラが映らなくなったら

UnityでARアプリ開発中に遭遇したバッドノウハウです。 起きたこと ARKitとARCoreは機能がほぼ同じなので、iOS版とAndroid版を同じUnityプロジェクトで管理し、一部メソッドを切り替える実装にしています。 この度、iOS版の開発を終えて、プラットフォームを…

iOSアプリの審査準備でつまづいた点

ARKitの勉強がてらミニゲームアプリを作成したので、App Storeで公開することにしました。 アプリのリリース作業はやったことなかったので、結構時間かかった。 はじめに 申請するアプリはUnityで開発しています。 前提として実機でのデバッグまでは確認済み…

Social ConnectorでUnityアプリにソーシャル連携ボタンを追加する

Unityで作ったARアプリのスコアをTwitterで共有できるようにしたかった。 いろいろ調べたら素晴らしいプラグインがあったので、こちらを利用してみました。 Social Connector github.com 開発者はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのけーご(@kyusyukeigo)…

ARCore版ARモグラ叩きを作る

Tango、ARKitで作ったARモグラ叩きをARCoreで実装します。 ARCore版無限に生えるクエリちゃん#ARCore #クエリちゃん pic.twitter.com/RzKhGVfmXu— jyuko (@jyuko49) 2018年2月25日 作り方 ARCoreでシーンを構成する手順は前回の記事を参照ください。 床や壁…

ARCore SDK for Unityで基本的なシーンを構成する

ARCoreがv1.0.0として正式公開されました。 同時に(ようやく)Zenfone ARに対応したので、遅まきながらARCoreの開発を始めました。 とりあえず、基本となるシーンの構成までの手順です。 開発環境 mac OS High Sierra Unity 2017.3.0f2 ARCore SDK for Unit…

モバイルAR開発プラットフォームまとめ

ARKit、ARCoreの発表を機にARアプリケーション開発の環境が急速に整い始め、用途に応じてプラットフォームを選べるようになってきました。 個人的な資料も兼ねて、主要なプラットフォームを一覧化しておきます。 はじめに 今後は、ARKit、ARCoreを中心とした…

ARKitでARモグラ叩きを作ってみた

久し振りのARネタです。簡単かつ応用が効く方法なのでまとめておく。 はじめに iOS11.3と同時に提供されるARKit1.5で垂直面の検知ができるようになるそうです。 それなら、"以前にTangoで作ったARモグラ叩きが作れるのでは?"と思い、現時点で実装可能なARKi…

Actions on GoogleのIntentsを理解する

少し間が空きましたが、Actions on Googleで対話型アシスタントを自作する作業の続きです。 Google Homeと連携するサービスを自作するには - じゅころぐAR/VR Actions on GoogleとAmazon API Gatewayを連携させる - じゅころぐAR/VR 今回はアシスタント作成…

Tangoのサポート終了について考える

発売当初からのTangoユーザとしてポエム書きました。 はじめに ご存知の通り、GoogleがTangoのサポート終了日を告知しました。初めてのサポート端末Phab2 Proが発売されてからわずか1年しか経っておらず、Tangoが推進するARに将来性を感じていた身としては一…

Actions on GoogleとAmazon API Gatewayを連携させる

前回に引き続き、Google Home向けのサービスを作って遊びます。 今回はFulfillmentを使って、AWSにWebhookさせてみます。 Fulfillment | Dialogflow 概要 処理のフローは以下になります。 Google Homeに話しかける → Actions on GoogleのAppを呼び出し → App…

Google Homeと連携するサービスを自作するには

半額だったのでGoogle Home Mini買ったけど、何ができるかちゃんと調べてなかったので自分用メモ。 Google HomeからSNSに投稿する IFTTT(イフト)を使うと、プログラミングなしでできるようだ。 ちなみに、アイエフティーティーティーだと思ってました。 yu…

WebAR-Articleを動かしてみた

WebARに注目して定点観測しているGoogle ARのGithubプロジェクトにWebAR-Articleなるリポジトリが追加されていました。 実際に動かしてみたところ、WebサイトにARコンテンツを埋め込むサンプル(Google非公式扱い)でした。 github.com 動かしてみる README…

Lenovo Mirage AR ヘッドセットでthree.jsをホログラム表示する

ジェダイ・チャレンジを購入して手に入れたLenovo Mirage AR ヘッドセットは、スマートフォンの画面で表示されている映像をホログラムで表示してくれます。 このヘッドセットを使って、自作のコンテンツをホログラム表示してみました。 ホログラム表示するに…

ジェダイ・チャレンジでフォースの覚醒めを感じる

突然ですが、この度、ジェダイ見習いになりました。 ジェダイになるには 誰でもすぐにジェダイになれる訳ではありません。 正義の心と強靭な精神力、そしてジェダイ・チャレンジとスマートフォンを用意する必要があります。 ジェダイ・チャレンジを手に入れ…

A-FrameでPhysicsを扱う

前回に引き続き、A-Frameで簡単なVRアプリを実装してみます。 今回は、aframe-physics-systemによる物理演算のサンプルです。 動作デモ 先に何ができるかイメージした方がよさそうなので、デモ動画を載せておきます。 前回同様にgdgd妖精sのMMDを使用したの…

A-Frameでnav meshを使う

WebVRフレームワークのA-Frameは、HTML/JavaScriptで記述でき、様々なコンポーネントを組み合わせて使うことで簡単にマルチプラットフォーム向けのVRコンテンツが作成できます。 便利な機能がまとめてincludeできるaframe-extrasを眺めていたところ、nav mes…

Parrot Mambo FPVを試してみた

Parrot Mambo FPVが発売されました。Mamboは1台持っていましたが、安価で手軽にFPVを試せるセットということで購入してみました。 www.parrot.com FPVとは FPVはFirst Person View(一人称視点)の略で、飛行するドローンのカメラ映像をゴーグルで見ながら操…

DaydreamでPointer Clickを実装する

Google VR for Unityに同梱されているGVRDemoを参考に、Daydreamのコントローラ操作を実装してみました。 本当はだいぶ前にやったんですが、ARCoreとか他のプラットフォームをいじっていたので、このタイミングで一旦まとめ。 開発環境 UnityおよびSDKのバー…

WebARonARKitを試してみる

ARCoreのプレビュー版が公開されたことで、WebARによるARCore(Android)とARKit(iOS)のクロスプラットフォーム開発が可能となりました。 Getting Started with AR on the Web | ARCore | Google Developers ARCoreはまだ対応デバイスが少なく、容易には試せな…

WebARonARCoreを未サポートのZenFone ARに入れてみた

ARCoreのプレビュー版が公開されたことにより、WebAR(three.ar.js)でARCoreとARKitのクロスプラットフォーム開発ができるようになりました。 ARCoreの機能に目新しさはありませんが、ライトなARをWebで作るという使い方は面白そうです。 Getting Started w…

ARCoreについて調べる

ARCoreの対応デバイスを持っていないため、公式サイトやTwitter等で収集した情報の寄せ集め。 個人的なメモに近いです。 ARCoreとは? Googleが発表した新しいARプラットフォーム。 2017/8/29にプレビュー版としてリリースされた。 developers.google.com 対…

Daydream Viewを購入しました

Amazonで注文していたDaydream Viewが届きました。 とりあえず使ってみた所感をまとめておきます。 はじめに Daydream Viewは国内販売されていないため、並行輸入品です。 国内に在庫があるようで、最短で注文した翌日に入手できます。 www.amazon.co.jp 並…

Daydreamの開発について調べる

Zenfone ARを購入したときから試そうとは思っていたのですが、Daydream Viewが入手できていないこともあって後回しにしていました。 AR(というかマルチプレイ実装)が若干行き詰まりつつあるので、気分転換に試してみます。 Daydreamとは Googleが提供して…

Unity2017.2.0b2のTangoサポートについて(実機でSpatial Mapperが動くところまで)

前回の記事でUnity2017.2.0b2のTangoサポートについて調査しましたが、ビルドエラーが発生してしまい、実機確認ができていませんでした。 jyuko49.hatenablog.com その後、発生していたビルドエラーの原因が特定できたのでリトライしたところ、Tangoのメッシ…

Unity2017.2.0b2のTangoサポートについて(わかったところまで)

TangoがUnityサポートされると話題になっていたUnity2017.2が既にベータリリースされているらしく、インストールして試してみました。 unity3d.com 前置き 環境構築でハマってビルドエラーが出たので、まだ実機での動作を試せていません。 他にやりたいこと…

Tango SDK for UnityをIkariotikosにしたらAR Screenが映らなくなったので直した

Tango SDKをIkariotikosにアップデートしたら楽しいことになりました。 ほとんど備忘録ですが、同じところでハマる人もいそうなのでまとめておきます。 Ikariotikosって?という方へ Tango SDKは約1ヶ月おきにアップデートされています。 バージョン番号には…

Tango製ARガイドアプリ「NAT」と宝探しアプリ「SEEKAR」を体験してきた

東京ビッグサイトで開催されている先端コンテンツテクノロジー展で、Tangoを使ったARガイドアプリ「NAT」と宝探しゲームアプリ「SEEKAR」を体験してきました。 getar.jp 展示を行なっていたのは、ビービーメディア株式会社さん。過去にもTangoを使ったデモ…

ZenFone ARを購入しました

タイトルの通り、ZenFone ARを購入したので、Tango開発の視点で軽くレビューします。 届いた。 pic.twitter.com/0KaB69t6pB— jyuko (@jyuko49) 2017年6月23日 購入のきっかけ Lenovo Phab2 ProでTangoの開発はできていたので、購入するかどうかは迷いました…